TOP of 那波建築設計

なばの日常

2016年07月30日

えびの高原~霧島えびの高原EXTREME TRAIL 2016編~

【長文です

 

カッコいいPVに憧れ、私もあの中を駆け抜けたい!!!と、勘違いしたままポチっとエントリーしてから数ヶ月。。。

十分なトレーニングも積めぬまま当日を迎えてしまう。。。

しかも子どもも道連れという。。。(キッズレースの話・・・)

 

前日23日、受付を済ませた後、RUN友さんと記念写真。

13716218_853059048162860_3286866895324273755_n

このうちロング63km出走が2人。

AM5時スタートです。

私たちはショートで6時スタート。

さて、制限時間7時間で戻ってこれるのでしょうか?

 

キッズレース・バーベキューなど済ませ、早めに就寝。

遊びつかれたタマは早速寝る。

私はテントの中で寝た感じがしないまま、朝を迎える(3時半)

 

足首にテーピングしながらもぐもぐとその辺にあるものを食べる。

4時くらいになると、会場の放送音がキャンプ村にも届いてきました。

5時スタートの友人の見送りに会場へ急ぐ。

 

YouTube Preview Image

 

わ~やっぱりこの熱気!

わくわくする!!!

がんばれ~Nさ~ん!Sさ~ん!!!ふぁいとぉぉぉ!

(家族は寝ている)

 

そして6時。

ショート30kmスタート。

 

硫黄山は入山規制がかかっているため、去年からはコース変更でロードを経て昨日キッズレースで登ったえびの岳へ。

(キャンプ村を通過するも、家族起きてこず)

 

不動池

IMG_1444_R

硫黄山から見るとエメラルドグリーンの湖面らしいのですが、ロードからの眺めだったし、当日はそうでもなかったかな。

 

アバンダントしらとり郷土の森に突入。

鬱蒼とした森の中、だんだんと廻りに人がいなくなる。

うわ~捻挫しそう・・・・滑りやすい岩場の下りにビビッて、よちよち下る。

 

派手にすっ転んで、前を走る男性二人に心配される。

元気です。ありがとうございます。

 

林道では今までの分取り返したくて、とばしたいけどお腹が痛い。。。

なんとか騙し騙し、エイドのある18km地点、白鳥温泉下湯に到着。

ここで2時間20分くらい。

お!6時間切れるんじゃないの?!?!

と疲れもあり?勘違い。。。(アマ~~~イ)

ここで頭から氷水をかけて頂き、生き返る!

ゼリーなど頂き、燃料・水分補給しました。

地元の方々、有難うございました。

 

エイド前、同じくらいのペースだったご近所在住のおじさまと雑談しながら歩いてきたので、撮ってもらいました。

IMG_1445_R

41歳女子。。。

う・・・ウェア調えないと・・・。

水かぶってドロドロだし・・・

 

これから歩いても7時間は大丈夫だろう!

と気が軽くなって、エイド出発。(←あま~~~い)

 

沢が近づきキャッキャ言ってるのが聞こえ、私もお仲間に入れてもらいました。

どぼんポイントアイシング~!!!

IMG_1452_R

めっちゃきもちいい!!!

苔生したバックも相当いい!!!

 

しかし、この後水をみっちり含んでグチャグチャ言わせながら走るしかなくなり、重いシューズをしばらく恨めしく思いながら走る(歩く)

 

再度アバンダント白鳥郷土の森に突入。

ロングのトップ選手とすれ違い始める。

めちゃくちゃ速いので、もちろん譲る。

皆さんとっても元気。

 

23km辺りが本当に苦痛で、いくら登っても足を動かしても、GPS時計の距離が増えない。

途方にくれてきた頃。。。。

ロングの方に

「がんばれ、ナイスラン!!!」

とゲキを入れてもらう。

お!ワタシナイスラン!そうだナイスラン!と泣きそうになりながら自分を励ます。

 

そして、ロング女子で3番めにやってきたRUN友のSさん。

めっちゃかっこぃ~!

ちょっとだけ会話して、再度走り出しました。

元気になった!

Sさんに元気をもらいました。

ありがとう!!!

 

そして林道を走ってると、知っている背中に追いつきました。

Hさ~~~ん!!!

(ここでも泣きそうになる。)

そして、あともう少しだから、Hさんについていって一緒にゴールしよう!

と決める。

 

最後の白鳥山への登り、Hさんと一緒で本当に良かった。

そして白鳥山山頂。

ガレてます。

すべりそう。脚くじきそう。

足踏ん張れない。。。

霧が出てきたので、暑さは感じませんでした。

が、もう脚が限界。親指の豆も痛い。股関節が痛い。

残り3kmになって家族に連絡しようと思ったら、充電切れ

なぜ!写真なんてほとんど撮っていないのに。。。

連絡しないとゴール地点まで来ないよな~。

あ~ぁ、感動のゴールシーン。あ~ぁ。。。。。

そんなことをグチグチいいながらも、ピクニック広場に突入。

 

ゲートが見えたときの感動。

フルマラソンの比ではありません。

 

やった~~~~!とキャ~キャ~言いながら、Hさんと一緒に手をつないでゴール。

6時間19分43秒(12時19分)

IMG_1454_R

(手が浮腫んでいて、やっとこさのピース・・・)

 

宣言どおりお昼に到着。

まず、コーラを2杯一気飲み。

豚汁・冷ぜんざい・フルーツを頂き、お昼ご飯にしました。

お腹がすいてすいてしょうがありませんでしたので、豚汁が染み渡りました。

おいしかったです。有難うございました。

 

初トレイルレースの二日間が終わりました。

IMG_1458_R

完走できただけで上出来です。

何よりも楽しんで走れました。

 

関係者の方々、有難うございました。

 

道中は一緒ではなかったけど、一緒に参加したRUN友さんありがとう。

 

まとめ。

30km。累積標高1878m。

改めて、標高すごいな~。

こんな練習なかなかできないけど、坂道走る練習しないとな。

IMG_1473

 

しかし。。。そう言えば・・・鹿には会わなかったなぁ。。。

来年ロング?ショート???・・・どうするのか・・・自分の身体と家族に相談です。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
那波建築設計 一級建築士事務所
naba-architects.com
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016年07月28日

えびの高原~キッズレース&キャンプ編~

7月24日に開催される、「霧島えびの高原 エクストリームトレイル」に参加するために、夏休みに入ってすぐの土日、えびの高原キャンプ村にキャンプしてきました。

キャンプ道具を満載して、いざ出発。

 

えびのICを降りてすぐの、道の駅えびので休憩。

IMG_1377_R

今から走るので、スポーツウエア。

息子タマ、ソフトクリームに興奮か?!
鼻血ぶぅ。。。

 

その後山道カーブを進むので、ゆっくり進むもイツタマ車酔い。。。

やっとのことでえびの高原キャンプ村にチェックインして、荷物運搬。

リヤカーにキャッキャなるイツタマ。

荷物を運ぶのよ。

イツ!はい押して~!!!

タマ!働け!!!

IMG_1379_R

 

Cテントサイトに向かう。

 

ずいぶんと上って来ただけあり、涼しいえびの高原。

暑がりとむさんも、過ごしやすいと絶賛。(汗はかいてましたが)

IMG_1381_R

 

あらかた準備してしまったので、私は受付へ。

IMG_1382_R

 

あ~明日はここからスタートか~ワクワク

IMG_1383_R

 

曇ってきたけど大丈夫かな~。

雨は嫌だな~。

 

 

15:30からのキッズレースに出走するイツタマ。

えびの岳を3km走ります。

時間がかかってもいいので、ちゃんとゴールしよう!!!

IMG_1388_R

 

スタート地点に行くと、もうすでに勢ぞろい(少ないけど・・・)

招待選手の福島舞さんが先導してくださるモヨウ。いいな!

IMG_1394_R

 

子どもと一緒に大人も同行できます。

翌日の足慣らし?で私も子どもと走ります。

 

記念写真。がんばるぞ~オ~~~~!!!

IMG_1399_R

 

スタート!と同時にダッシュかますキッズ

おいおい、そんなペースで上れるんかぃ!

セーブする子どもなんておらんか~。

13765962_1221990734501745_7517555622788005362_o

(写真はUFさんより拝借)

 

Cテントサイトを通り、えびの岳へ。

上りになって落ちたキッズに追いつきます。

13708267_1221990904501728_6907864643684701597_o

(写真はUFさんより拝借)

 

イツタマは、ほぼ最後部。

 

 

 

それでもがんばるタマについて走ります。

IMG_1411_R

うん、かっこいいではないか!

 

えびの岳山頂。

きもちいぃのか?この顔。。。引き攣っておる?汗だく。

IMG_1407_R

途中で、

「ママこれ競争なの~」

って呑気な質問のタマ。

え~~~今頃か~~~ぃ!

「そうよ!それ以外の何なのよ」

って、山登りの競争なんて意味が分からなかったのかなぁ。。。

 

会場に戻ってきて、かなりダッシュでゴールしました。

がんばりました。

遅れること5分以上。

イツもゴール。

 

IMG_1412_R

 

 

全員に参加賞。

 

IMG_1418_R

 

 

 

IMG_1420_R

 

これが大人の参加賞よりも随分よく、たくさんのお菓子とポカリのスクイズボトル。

いいな~。

まぁボトルは私が使わせていただくけどね~。

 

IMG_1474

 

 

もう少し、天拝山や油山に登って、体力つけたほうがいいね。

タマは走れるけど持久力はない。

イツは体力そのものがない。

 

イツタマが通う小学校は持久走が無いので、機会があれば私のレースに付きあわせていますが・・・・・。

何回か出ているうちに、もう少しがんばれるんじゃないか!?って欲も出てきました。

私の欲が出てきてもしょうがない訳ですが。。。

 

割と平坦なトレイルをタマと駆け抜けていると、何とも楽しくてずっと走っていたい気持ちになりました。

私だけ~?!

 

ともあれ、怪我も無く虫にも刺されず無事すごせて良かった。

 

 

IMG_1425_R

大きい子も小さい子も、みんながんばっていました。

福島選手にお礼を言えたのも良かったかな~。

 

 

 

夕飯は、鹿児島の両親が持ってきてくれた、姶良B級グルメ「あご肉」などでバーベキュー。

タマは必死で虫取りに興じるも、涼しいからか?バッタなどもほとんどいなかったらしい。

IMG_1471_R

夕飯食べてさっさと就寝するも、明日のことを考えるとなかなか寝られない。

とにかく寒い。

寝袋が二つあったので、子どもに使わせて私は毛布を借りる。

 

翌日。。。

熱々のホットサンドを食べて、私が30km走っている間、まだまだ虫を探し続けるタマ。

IMG_1469_R

トンボくらいしかいなかったようです。

残念でしたね。

 

昼ごはんは簡単にカップめん。

私が昼くらいには生還出来るといいな~と言っておいたのですが、一緒にはお昼を食べませんでした。

IMG_1465_R

と、今回レースがメインであったので、キャンプの写真がほとんどなく。。。

なんか寂しいキャンプのようですが、イツタマは楽しんでいたようです。

 

無事、私がお昼ごろ生還できたかどうか・・・・・・。

また後日・・・乞うご期待?!?!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
那波建築設計 一級建築士事務所
naba-architects.com
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

那波建築設計の何気ない日常とイベントの様子をお届けします

福岡市にございます那波建築設計は、一級建築士の那波勉と那波奈津代が夫婦で経営する共同事務所でございます。ブログ「なばの提案」においては建築した建物のことや現地見学会のお知らせ、作品展やコンペなど仕事のことがたくさん出て参りますが、「なばの日常」では那波家の子供たちの話や家族で遊びに行ったときの出来事などをアップしていきます。
那波建築設計の建築士はどんな夫婦なのか、どんな人柄なのか等、参考にしていただければ幸いです。もちろん建築家として、福岡市内で開催される家づくりワークショップや、身近な材料を使って子供から大人まで皆様が揃って街づくりを楽しむイベントの告知もアップしておりますので、ご興味をお持ちの方は是非お気軽にご参加ください。