TOP of 那波建築設計

なばの日常

2016年11月05日

子連れ登山~明星山編~

イツタマと3人で久留米の明星山に登ってきました。

 

なんで久留米まで・・・・。

 

山登りアプリで情報を仕入れ、とても楽しそうな山だったので。

それをネタに、イツタマの山登りへの意欲を盛り上げようと・・・。

なんせ先日の宝満山でかなりくたびれちゃって、もう山嫌だ!と言っていたので。。。

それは困ると母ちゃんは思ったわけなのです。

 

おにぎりと、カップラーメンを持ってやっと到着。

駐車場を探す。

分かりにくかったので、近隣の方に聞いてみる。

良く見てみると、ちゃんと入口の表示あり。

img_2252_r

路肩に駐車してイザ出発。

 

登りは、炭焼小屋コース。

img_2253_r

つわの花がきれいに咲いていました。

 

ここで間違いないので、いくぞ~おぉぉ~!!!

img_2254_r

少し寒かったので、すごい防寒なイツタマ。。。

 

img_2260_r

歩きやすい登山道です。

 

 

栗発見!

しかし、中身は無し。

残念がるタマ。

img_2264_r

 

 

炭焼跡。

img_2267_r

 

img_2269_r

木々の合間を歩きます。

 

暑くなって、ジャンパーと手袋を脱ぎます。

ま~そりゃ暑いわ。

img_2273_r

 

 

後半、見上げるとなが~く続く丸太階段を前に、駄菓子休憩。

小鳥こないかな~と、ピーピー笛ラムネをふくタマ。

img_2281_r

 

 

いざ!階段突入。

img_2283_r

 

何度か休憩して、丸太階段クリア!

img_2285_r

 

 

頂上到着。

ハイカーのグループにほめられるイツタマ。

img_2286_r

 

img_2368_r

 

 

見晴らしのいい頂上。

しかも、ブランコ2つ。

ターザンロープ。

ベンチ数個

テーブル二組。

 

と食べるものだけ持って登ればよろしい状態です。

 

早速遊ぶイツタマ。

母ちゃんも遊びたいけど、お湯を沸かす。

img_2288_r

 

 

とむさんが来れなかったので、なるべく荷物少なくするため、カップラーメンです。

あと麦ご飯。

img_2311_r

 

 

ご飯の準備をしていると、おじちゃんにはなしかけられる。

福岡市内から来たと言うと、何でここを知ったか聞かれ、YAMAPの話題になりYAMAP友になりました。

img_2308_r

 

何年か前まで、人が入れる状態ではなかったらしい明星山。

地元の方が何年かかけて登りやすいように整備したと、前情報は仕入れていました。

 

そうです、このおじちゃんこそその整備されたメンバーの1人、HIGAさん。

丸太階段を作り、見晴らしがいいように木を切り、毎日のようにこの明星山に登るのだそうです。

この日はもう三往復されたのだそうで。。。

 

すごい健脚です!!!

しかも奥様は白金山にハイカーグループをガイドして連れて行ったモヨウ・・・。

奥様もすごい元気。

 

このおじちゃん、海外にもトレッキングに年数回出かけるのだそうです。

 

自然を愛して止まないのだろうな~。

 

ご飯を食べてからも、めっちゃ遊ぶ。

ハイジブランコ。

img_2380_r

 

エンドレス!ターザンロープ。

img_2373_r

 

 

もちろん私もブランコ。

img_2319_r

いやぁぁぁ!!!

めっちゃ楽しいです。

空に飛び出す感じが、まさにハイジブランコ。

 

 

たっぷり二時間くらいは遊んだでしょうか。。。

 

本当は、白金山まで縦走したかったのに。。。

時間切れ。

 

下山は、HIGAさんお勧めの、沢コース。

img_2390_r

なんと、HIGAさんも同行して下さるそうです。

 

下り方教習的に、子どもにいろいろ教えてくださるHIGAさん。

タマは言うこと聞かないのですが、点数制でゲーム感覚で教えます。

うまい!!!

100点取りたいタマはある程度まで言うこと聞くのですが、ついつい横道に行きたがり、そうすると大幅減点で10点まで下がります。

点数取りたいからガマンガマン。

HIGAさんとお友達になっていました。

img_2392_r

 

秋なので、あまり花は咲いていませんでしたが、春になるとこんな花が咲くよ~と色々を教えてくださいました。

 

沢コースと炭焼小屋コースは植生が違うようで、沢コースはもう少しすると、葉が落ちて明るくなるよ~との事。

そんな風に木や草花や鳥を眺めながら歩く楽しみを、短い間でしたが子どもたちに教えてくださいました。

img_2401_r

 

そして、もう少し早く来ていたら、栗や木耳が取れるとの事。

タマは栗を諦めきれず、探していたら何個かありました。

img_2406_r

これだけあっても、食べられんのやけど・・・。

 

山イチゴ?

HIGAさんは、これでジャムを作ったそうです。

子どものときに良く食べました。

甘酸っぱい味が懐かしかったな。

img_2407_r

イツタマも初めて食べて、美味しいって言ってました。

もう少し食べたそうでしたが、また来年かな。。。

 

里山は、人が入ってこその里山なんだと、再認識した一日でした。

 

イツタマもとても楽しかったようで、又登りたい!と。

シメシメです。

HIGAさん、有難うございました。

 

累積標高360m

活動距離4.3km

 

どんぐりやら葉っぱやら、いろいろお土産?を持って帰路につきました。

意外に長く遊んでしまって、渋滞の時間になってしまった。。。。。

イツタマは即寝・・・・。

母ちゃんは、欠伸を噛み殺しながら孤独に運転するのでした。。。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
那波建築設計 一級建築士事務所
naba-architects.com
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇